タロ吉のちょっといいモノ見てみたい

世の中にはいいモノがたくさん溢れています。【物】だけじゃなく、音楽やスポーツ、ビジネスなど様々な【モノ】を紹介していきます。

グリー(glee)のストーリーをざっくり紹介

「glee シーズン1」の画像検索結果

 

シーズン1

オハイオ州北西、ライマにあるウィリアム・マッキンリー高校のグリークラブの廃部の危機から物語はスタートします。

 

www.youtube.com

同行の卒業生で教師でありグリークラブのスターであったウィル・シュースター【シュー先生】は自分が在籍していた当時の栄光を取り戻すべく、新生グリークラブ『ニュー・ディレクションズ』の顧問となる。

 

最初の部員はブロードウェイのスターを夢見る『レイチェル』、

黒人シンガーのディーバ『メルセデス』

アジア系吃音の『ティナ』

LGBTの青年『カート』

車いす生活を余儀なくされた『アーティ』の5人であったが、

後にグリー部員の活動やシュー先生勧誘によりのアメフト部員の

クォーターバック『フィン』

フィンの親友で悪の『パック』

チア部のスター『クイン』

チア部の毒舌『サンタナ』

チア部の少しおバカさん『ブリトニー』掛け持ちといった形が取り込まれていった。

 

終結した部員は大小なれどマイノリティー【社会的少数者】が揃っており、グリークラブは校内で負け犬のレッテルを張られジュースを浴びせられるなどのイジメのターゲットであった。

 

また部の予算を狙うスー(同行チア部)からの執拗な嫌がらせにも悩まされるが、顧問のウィルや仲間たちとの信頼を育み、部の存続をかけて州大会優勝を目指します。

 

 

シーズン1で使用されている楽曲はこちらで紹介しています。↓

baseball-man.hatenablog.jp

 

 

シーズン2

 

シーズン1で州大会優勝を逃した『ニュー・ディレクションズ』だが、まさかのスー先生のサポートもあり、部の存続が認められました。

 

シーズン2が始まってもやはり校内での人気はなく、さらにイジメが苛烈する中耐えるグリー部員。

 

頼りのアメフトとの掛け持ちの部員もアメフト部内で衝突が起き、アメフト部内で分裂状態になるなどの影響も生じる。

 

そんな中アメフト部のビースト先生とシュー先生の協力で、アメフト部とグリークラブでのダンスパフォーマンスを行わせる策に打って出て、うまく場を収束させる。

www.youtube.com

 

しかし、ゲイであるが故に他よりも苛烈なイジメに合うカードはゲイにも理解があるダルトンアカデミー高校へ転向してします。

そんなダルドンアカデミーののグリークラブ『ウォーブラーズ』は地区大会でも強敵となる。

www.youtube.com

 

両チームは同率1位で無事州大会へ出場する。

州大会ではアドバンテージ獲得のためオリジナルの楽曲で勝負をしかける。

www.youtube.com

 

シーズン2の使用楽曲はこららで紹介しています。↓

baseball-man.hatenablog.jp

 

 

 

シーズン3

全国大会入賞を目指したものの、フィンとレイチェルの行き過ぎた行動のため?入賞を逃した『ニュー・ディレクションズ』

 

今だ校内でのいじめに耐えながら活動を続けます。

そん中今度はグリー部内で分裂が生じ一部の女性メンバーが『トラブルトーンズ』を結成し、別々のチームとして地区大会に挑みます。

www.youtube.com

しかし、大会では『ニュー・ディレクションズ』に軍配が上がり、離脱していたメンバーも再度団結し、全国優勝を目指していく。

 

www.youtube.com

また、卒業間島のメンバーたちは進路で悩み、その中でレイチェルとカートはNYADAに入学するために日々奮闘します。

さらにレイチェルとフィンは周囲の反対を押し切り婚約する。

 

シーズン3の使用楽曲はこららで紹介しています。↓

baseball-man.hatenablog.jp

 
 
 
 
シーズン4
ブロードウェイを目指し、単身でニューヨークへ渡ったレイチェルはNYADAの学生として、夢に向かい日々レッスンを受けていた。
時を同じくしてにカートも雑誌の『Vogue』のインターンでニューヨークへ移住することに。
 
 
二人は再会後、良き相談役としてルームメイトとなり共に夢を追いかけていきます。
カートは1度NYADAのオーディションに落選すもレイチェルの協力もあり2度目で無事に合格する。
 
またレイチェルはミュージカル『ファニー・ガール』の主人公のオーディションを受ける。
そんな中『ニュー・ディレクションズ』には『マーリー』『ジェイク』『ユニーク』『ライダー』『キティ』が加入し、様々な問題を起こしつつも全国大会へ向けて再始動していきます。
 
またフィンは入隊した軍を除隊となり、さらにレイチェルとも婚約破棄し、マッキンリー高校に戻り、『ニュー・ディレクションズ』の顧問を任される。
 
 シーズン4の使用楽曲はこららで紹介しています。↓

baseball-man.hatenablog.jp

 

 

 

シーズン5

州大会で無事優勝しメンバーは全国大会に向けて奮闘していきます。

 

そのころレイチェルは『ファニー・ガール』の主演に抜擢され、公園に向けレッスンしていた。

その矢先グリーを支えてきたフィンが突然この世を去る。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

ロサンゼルスで行われた全国大会では2位となった。

その上マッキンリー高校ではクラブの整理によりグリークラブの廃部が決定してしまう。

 

また、サムとメルセデスが再会し、再び付き合いだすことに。

 

そんなレイチェルが主演を務めた『ファニー・ガール』の初回公園が成功し、世間からは注目の的となる。

www.youtube.com

すでにニューヨークで生活していたレイチェル、カートに加えサンタナ、サム、ブレインらも合流しニューヨークで活動する。

 

またシュー先生とエマの間に待望の子供が生まれる。

 

シーズン5の使用楽曲はこららで紹介しています。↓

baseball-man.hatenablog.jp

 

 

 シーズン6

『ファニー・ガール』で一躍スターとなったレイチェルだが、欲を出してしまい、舞台よりもTV出演を優先してしまうも、出演した番組が大失敗し、スターを転落してしまう。

 

また、一時破局していたカートとブレインがスー先生の思惑通り復縁し、ブリトニーとサンタナは結婚。

www.youtube.com

 

また一方でシュー先生も紆余曲折あり、現在は家庭もあるため、迷いがあったが、かつてライバルだったカーネル高校の『ボーカル・アドレナリン』の顧問となったり、レイチェルがかつて恋したジェシーと最後っくついたりとなにかとドタバタした感じでフィナーレへと向かう。

 

www.youtube.com

 

ドタバタとなってしまった要因としては、最終シーズンは当初レイチェルとフィンの物語にしてまとめる構成だったが、コリーの急死を受けエンディングが急遽変更になったためであるが、それでもシリーズ全体を通して社会問題をうまくテーマに掲げ問題提起をしてきた作品だったように思います。

 

シーズン6の使用楽曲はこららで紹介しています。↓

baseball-man.hatenablog.jp